BDTメディア、富士フイルム、フォセオンがコラボレーション

BDT Media Automation、Fujifilm Dimatix、Phoseon Technology

BDT Media Automation、Fujifilm Dimatix、およびPhoseon Technologyは、パッケージングアプリケーション用の完全なデジタル印刷システムを開発するために協力することに合意しました。

BDTメディアオートメーション デジタル印刷のB2フォーマットフィーダーを専門としています。 富士フイルムDimatix インクジェットプリントヘッドを提供し、PhoseonTechnologyが開発 UVLED硬化技術。パートナーは、このシステムがBDTトルネードメディア処理技術の柔軟性と富士フイルムディマティックスとフォセオンによって提供されるUV印刷の多様性を利用すると述べました。

トルネードベースの製品フィーダー(TPF)と印刷システムは、コーティングされた段ボールとコーティングされていない段ボール、段ボール、紙のストックなどの標準的な梱包材、および金属箔やプラスチックなどの他の梱包材のオフライン処理を実行できます。このシステムは、ユーザーの介入を最小限に抑え、ジョブのセットアップ時間を大幅に短縮して、フィード、位置合わせ、印刷、硬化、スタックを行うように設計されています。

「マテリアルハンドリング、印刷、LED硬化の相乗効果により、エンドユーザーとOEMの両方に最適な産業ソリューションが提供されます。」

ハワード・ボールドウィン、富士フイルム・ディマティックス営業担当副社長

Fujifilm Dimatixの営業担当副社長であるハワードボールドウィンは、次のように述べています。「マテリアルハンドリング、印刷、LED硬化の相乗効果により、エンドユーザーとOEMの両方に最適な産業ソリューションが提供されます。」

「PhoseonTechnologyは、最先端のUV LED硬化機能を提供することにより、BDTのTPFシステムをサポートできることに興奮しています」とPhoseonのマーケティング担当副社長であるChadTaggard氏は付け加えました。 「FujifilmDimatixとBDTの組み合わせは、業界のリーダーが協力して、品質を向上させた生産性の高いソリューションを顧客に提供する方法を示しています。」

BDT MediaAutomationの印刷メディア処理担当バイスプレジデントであるRalfHippは、次のように結論付けています。この開発により、パッケージメーカーに最高のマテリアルハンドリングとUVデジタル印刷がもたらされます。

「私たちの目標は、お客様が前例のない包装作業の柔軟性を実現できるようにすることで、ショップの収益性を高めることです。」

タグ: | |
カテゴリ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です