フリントグループがEkoCure™を発表– UVLED硬化用の高性能フレキソおよびロータリースクリーンインク

Flint_XCURA-EVO-インク

改善された持続可能な印刷ソリューションのニーズの高まりに応えて、 フリントグループナローウェブ のための一連のインク技術を導入しています UVLED硬化 EkoCure™ブランドで。これらのインクは、UVLED硬化用に特別に配合されたコンビネーションプリント用に設計された最初の市販インクになります。

「私たちはPhoseonTechnology UV LEDランプと提携し、Center for TechnicalExcellenceのMarkAndy4150プレスでFirePower™16W /cm²を使用してインクをテストしました。」

Flint Group、Narrow Web North America、プロダクトマネージャー、Tom Hammer

EkoCure™は、UVLEDランプ出力に典型的な狭いターゲット波長領域に一致する特別に選択された光開始剤を使用して開発されています。 UV LEDの主な利点は、環境にやさしく経済的であると要約できます。

  • 生態学的利益–エネルギーが節約されます。 UV LEDランプはオゾンと水銀を含みません(労働者と環境の安全性が向上しています)。 EkoCure™は、バイオ再生可能な資源に基づいて配合されています。 
  • 経済的メリット–エネルギー消費が大幅に削減されます。製造スペースが削減されます。 UVLEDランプはほぼメンテナンスフリーです。

「私たちはPhoseonTechnology UV LEDランプと提携し、それらを使用してインクをテストしました。 FirePower™ミネソタ州プリマスのテクニカルエクセレンスセンターにあるMarkAndy4150プレスの16W /cm²」と、FlintGroupのNarrowWeb NorthAmericaのプロダクトマネージャーであるTomHammerは述べています。ハンマー氏は次のように続けています。「当社の印刷機にFirePowerユニットを搭載することで、さまざまな種類の素材や多くの印刷の組み合わせでインクを実験およびテストすることができました。私たちは成功を収め、新開発の4色フレキソプロセスインクとUVロータリースクリーンホワイトを組み合わせて、「史上初」の真のUVLEDコンビネーションプリントを実行することができました。」

フリントグループのグローバルブランドマネージャーであるニクラスオルソン氏は、次のように述べています。「私たちが開発したUV Flexoインクシリーズは、持続可能性に取り組むための追加の取り組みとして、バイオ再生可能な樹脂技術に基づいています。 UV製品用のバイオ再生可能樹脂は、将来的に使用が増える新しい開発です。この側面をエネルギー消費の少ないUVLEDランプと組み合わせることで、このテクノロジーをEkoCure™としてブランド化するのは自然なことでした。」

ハンマー氏は次のように結論付けています。「表面温度が非常に低いため、UVLEDランプには大きな利点があります。シュリンクフィルムなどの感熱性基板を、特別な熱管理なしで印刷機で問題なく実行することができました。これは、多くのコンバーターにとって真の付加価値であると私たちは信じています。これは、特別なウェブ冷却システムが設置されていない従来のUVランプでは不可能だからです。」 

タグ: | | |
カテゴリ: | |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です