GMGraphixは3番目のMPSプレスでUVLEDになります

FirePower-FP501

UV LED硬化を使用する南アフリカ初のフレキソ印刷機は、同社の3番目のMPS印刷機であるGMGraphixから注文されました。

PhoseonのUVLED乾燥を特徴とする6色EF340MPSマルチ基板フレキソ印刷機の注文は、このタイプの硬化を使用する南アフリカで最初の印刷機になります。売却は、MPSフレキソおよびオフセット印刷機の幅広い範囲の現地代表であるRotoconによって締結されました。

GM Graphixは、長年にわたってMPSの忠実な顧客であり、実際、南アフリカでこれまでに販売された最初のMPSプレスの誇り高い所有者でした。

PhoseonとUVLED硬化技術を提携することで、GMGraphixは南アフリカ市場のパイオニアになりました。このパートナーシップは、ランニングコストとエネルギーコストの削減に対する需要の高まりに対応する必要性から生まれました。 PhoseonのUVLEDテクノロジーは、大幅なエネルギー節約(同社が主張する50%以上)を提供し、その瞬時のオン/オフ機能は、南アフリカの停電や変動に対処するのに役立ちます。

「新しいMPSプレスのこの最先端のLED硬化ソリューションにより、かなりのコストとエネルギーを節約しながら生産性を向上させます。」

Pieter Massyn、オーナー、GM Graphix

Paragon Inksは、UV LEDインクの開発におけるPhoseonとのコラボレーションを通じて、この販売にも関与しました。

GMGraphixの所有者であるPieterMassynは、MPS、Phoseon、ParagonInksの協力に満足しています。

「私はこれらの会社に感謝しています。彼らの革新的な技術は、南アフリカで直面しているエネルギー供給の課題に効果的なソリューションを提供してきました。新しいMPSプレスのこの最先端のLED硬化ソリューションにより、かなりのコストとエネルギーを節約しながら生産性を向上させます。

タグ: | | |
カテゴリ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です