実験装置のUV除染

フォセオン-LED-消毒-滅菌

紫外線LEDを使用した実験装置の除染

問題: 実験装置を清潔に保つことは困難な作業です。空気中の微生物、段ボール箱のような場所に残っている微生物、または人間の皮膚からの微生物は、結果の妥当性を脅かす可能性があります。同時に、費用のかかる洗浄手順は研究時間と生産性を脅かします。たとえば、RNase Aを除去するための除染手順は、化学洗剤からRNaseを含まない水でのすすぎ、数時間のオートクレーブ処理まで多岐にわたりますが、どちらも時間と費用がかかります。低い運用コストで機器を効果的に除染することは、ラボでの絶え間ない戦いです。

解決: PhoseonTechnologyのソリッドステートのディープUVLEDは、時間とお金を節約し、徹底的な除染によって結果の精度を維持します。 特許取得済みのSLM™テクノロジー Phoseonランプは、現在市場で見られるよりも桁違いに高い放射照度を生成できます。次に、この高放射照度の光は、微生物汚染物質の構造に影響を与える特定の波長または波長の組み合わせに焦点を合わせます。

不活性化に関しては、放射照度が重要です。研究によると、高放射照度の275 nmの光は、低放射照度と比較して、必要な総線量が少なく、時間が短く、ガラス表面をより完全に不活性化することが示されています。 RNase Aの完全な不活性化は、低放射照度レベルの25分と比較して、高放射照度で5分後に達成されました。

タグ:
カテゴリ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です