キース・ネーグルがフォセオンテクノロジーに参加

キース-ネーグル-結合-フェソン

ネーグルはニルペッターからフォセオンに移動します。

キース・ネーグルは、ラベルおよびパッケージング業界の多くの著名なイベントで人気のある顔として登場しました。 TLMIからLabelexpoまで、彼は製品の専門家からプレゼンターまで、多くの役割を果たしてきました。ニルペッターブースで白いスーツを着たおなじみの顔であるネーグルは、フォセオンテクノロジーに移行しました。

ネーグルはフリントグループでキャリアをスタートさせた後、スタインハウザー、アクテガ、そして ニルペッター。彼はNilpeterで北東部のシニアセールスおよびデジタル製品マネージャーを務めました。 Phoseonでの彼の新しい役割では、Nagleは事業開発のグローバルディレクターになります。

オレゴン州ヒルズボロを拠点とするPhoseonは、LED硬化ソリューションの幅広いポートフォリオを提供しています。フォセオンは ISO9001認証企業 300以上の特許を誇っています。

「LED硬化は、コンバーターの収益を改善するメリットがあるテクノロジーの1つであり、Phoseon Technologyは、製品、保証、サービス、および能力のリーダーです。」

Phoseon、事業開発ディレクター、Keith Nagle

「私たちの偉大な業界で働き、教育する継続的な機会は私を本当に興奮させます」とネーグルは言いました。 「私が印刷物を愛し、多くのプラットフォームでそれを伝道することは十分に文書化されています。フォセオンは私の立場、経験、情熱を理解しています。」

しかし、ネーグルが業界の主力となったニルペッターチームを去ることは難しい決断でした。 「私の家族、信頼できる業界の信頼者、そして私の心(フォセオンへの移行を促した)」とネーグルは語った。 「私はPhoseonについて知っていて、何年にもわたって彼らと一緒にプロジェクトに取り組んできました。彼らの技術分野のリーダーとして、彼らのチームに加わり、業界をLEDに変える手助けをすることは非常に魅力的でした。

「高く評価され、優れたプレスを製造しているニルペッターを離れることは非常に困難でした。私はニルペッターでの私の関係と経験から途方もなく成長しました。彼らの文化は根深いものであり、所有権によって育まれています。」

Phoseonでは、Nagleは、世界中の同社のエコシステムパートナーと協力し、 LED硬化 プラットホーム。業界の他の側面と同様に、硬化技術は急速に進化し続けています。

「私たちは、テクノロジーがコンバーターのスループット、品質、消費電力に深刻な影響を及ぼしている業界でエキサイティングな時期にいます」と彼は言いました。 「LED硬化は、コンバーターの収益を改善するメリットがあるテクノロジーの1つであり、Phoseon Technologyは、製品、保証、サービス、および能力のリーダーです。」

Phoseonは2002年に設立され、治療分野で強力なプレーヤーになりました。ネーグルによれば、フォセオンには明るい未来があり、それが動きを促進するのに役立った。

「コンバーターにとって最も重要なのは、未来があるということです」とネーグルは言いました。 「新しいテクノロジーが登場すると、純粋に販売を拡大することを目的としてその市場に参入する企業が頻繁にあります。あなたのビジネスに長期的な影響を与えるテクノロジーを研究するときは、顧客としてあなたをサポートするために、会社が今から約3年、5年、さらには10年後になることを確認してください。 Phoseon Technologyは、非常に不安定で非効率的で費用のかかる硬化プロセスを安定させることを目的として、LED製品の限界を押し上げるために研究開発に投資し続けます。」

Nagleは、多くの人気のある業界イベントの定番であり続けます。最近、ノースカロライナ州シャーロットで10月28日から30日に開催されるFTA秋の会議の議長を務めることが発表されました。セッションのトピックは、最初から最後まで、フレックスグラフィックで印刷された作品の旅に焦点を当てます。別の卓上展示では、65以上の企業が展示され、会議の期間中、セッション間および夕方に断続的に開かれます。

2019年秋の会議は、CEOからマネージャー、オペレーターに至るまで、業界の参加者の全範囲に及びます。このイベントは、クレムソン大学とセントラルピエモンテコミュニティカレッジに近接しており、ネットワーキングの重要な機会が開かれます。

「あなたと同じ業界の愛と興奮を共有する会社と仕事をすることはエキサイティングです」とネーグルは言いました。 「すべての業界団体での貢献により、私たちはコンバーターの要望とニーズに引き続き対応しています。 2019年は、FTAフォーラムTLMI printTHINKに参加し、FTA秋の会議の主要議長を務めるという、波乱に富んだ年になりつつあります。今はエキサイティングな時代です。」

タグ: |
カテゴリ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です