Phoseonが2018年のマイルストーンを祝う

FireJet-FJ605

2018年、Phoseon Technologyは、10万個目のUV LED硬化ランプを提供する一方で、多くの主要な製品と技術を発表しました。

PhoseonTechnologyの社長兼CEOであるBillCortelyouは、次のように述べています。 「また、アジアでのプレゼンスを強化しました。」

「2018年にフレキソおよび光ファイバー市場で多くの主要なビジネス上の勝利を達成し、最新のリーンプラクティスと自動化を実装する製造フットプリントを大幅に増やしました。」

Phoseon、社長兼CEO、Bill Cortelyou

Phoseonが2018年にデビューした製品とテクノロジーの中には FireJet FJ605, FireLine FL440 そして FireEdge FE100 UVLED硬化システム。

FJ605、自己完結型 空気冷却 現在提供されているよりも大幅に多くの硬化エネルギーを提供するフレキソ印刷用途向けのUVLED硬化ランプ。 FJ605は、毎分1,000フィートで動作するフレキソ印刷機でLabel Expo2018に展示されました。

水冷FL440は、最もパフォーマンスが要求される印刷および工業用硬化アプリケーション向けに設計されており、カスタムの長さオプションをサポートするスケーラビリティを提供します。 25mm Semiconductor LightMatrix™(SLM)アレイあたり最大135Wを供給します。

FE100は、市場初のパッシブ空冷UVLEDソリューションです。幅16mm未満のデジタルインクジェットピン留め用に特別に設計されているため、スペースに制約のある環境に最適です。

昨年はまた、 KeyPro KP100 マイクロプレート除染システム、スタンドアロン除染ユニット。 KP100 for Life Sciencesの研究者およびラボ管理者は、ラボ環境で一般的に見られる互換性のあるマイクロプレートおよび準備スライドでの使用を対象としており、さまざまな機器カテゴリに保存されたプロトコルを使用することで再現性を向上させます。

これまでに、Phoseonは、OLEDディスプレイの製造、木材および繊維のコーティング、接着剤による接着、高速アナログおよびデジタル印刷など、さまざまなアプリケーションに100,000台以上を納入してきました。さらに、Phoseonは2500万番目のSemiconductor LightMatrixを出荷しました。

タグ: |
カテゴリ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です