Phoseonは中国で完全に外資系企業を形成

フォセオン-上海

Phoseon Technologyは、中国およびより大きなアジア太平洋市場により良いサービスを提供するために、中国に完全に外資系企業(WFOE)を設立することを発表しました。

新しい有限責任会社は、地域に対するPhoseonの取り組みを強化し、投資を行い、地域の販売およびサービス取引を促進できるようにします。

「この企業は、中国市場で迅速に対応し、顧客と直接取引を行い、顧客サービスプロセスを促進することを可能にします。」

Phoseon、社長兼CEO、Bill Cortelyou

「この企業により、中国市場での迅速な対応と顧客との直接取引が可能になり、顧客サービスプロセスが促進されます」とPhoseonの社長兼CEOであるBillCortelyouは述べています。

WFOEのもう1つの利点は、WFOEが提供する自律性と制御であり、Phoseonが全社的なグローバル戦略を迅速かつ柔軟に実装できるようにします。

WFOEは、中国で長期的な事業利益を計画している企業にとって最適な構造であると同時に、意思決定プロセスにおいて最大限の管理と柔軟性を維持し、合弁事業や現地買収を可能にすると考えられています。

「この市場への投資は、長期的なプレゼンスへのコミットメントの証拠です」と彼は言いました。 「これにより、中国本土でのビジネスベンチャーをより細かく管理できるようになります。」

タグ: |
カテゴリ: |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です