UVLEDとマーキュリーのスペクトル分布 

太陽は紫外線の全スペクトルの源であり、一般にUV-A、UV-B、およびUV-Cに細分されます。典型的な光源スペクトルの波長は、紫外線(UV-C:200〜280 nm、UV-B:280〜315 nm、UV-A:315〜400 nm)から可視光(400〜760 nm)および赤外線(760〜3000 nm)の範囲です。 )。 LED UVライトは、特定の波長±10nmを中心とした狭いスペクトル出力を持っています。ほとんどのPhoseon製品は、365nm、385nm、395nm、または405nmの波長を使用します。このほぼ単色の分布(グラフを参照)には、インク、コーティング、および接着剤の適切な硬化を確実にするための新しい化学配合が必要です。

標準的なUV硬化の大部分は狭い発光範囲で発生し、残りのスペクトル出力は不要で潜在的に有害なUV-Cおよび赤外線放射を生成します。 UV LEDライトは、この狭い発光範囲を提供します。

UVLED硬化光源 入力電力の20-40%を、有害なUV-Cや赤外線にさらされることなく使用可能なUV光に効率的に変換します。その効率は、水銀ベースのランプよりも約80%の電力と熱の節約になります。

ピーク放射照度とエネルギー密度

電力対放射照度

硬化を最適化し、プロセスウィンドウを確立するために理解する必要があるLEDランプの2つの重要なパラメータがあります。このプロセスウィンドウを特定することで、最も耐久性があり望ましい仕上がりに加えて、許容できる接着性と表面硬化、つまりピーク放射照度とエネルギー密度が得られます。

強度とも呼ばれるピーク放射照度は、単位面積あたりの表面に到達する放射照度です。 UV硬化の場合、表面は基板または部品の硬化表面であり、平方センチメートルが単位面積です。放射照度は、1平方センチメートルあたりのワットまたはミリワット(W /cm²またはmW /cm²)の単位で表されます。ピーク放射照度は、浸透と表面硬化の補助に役立ちます。ピーク放射照度は、設計された光源の出力、より狭い表面衝撃領域に光線を集中または封じ込めるための反射板または光学系の使用、および硬化表面からの光源の距離によって影響を受けます。硬化面でのUVLEDの放射照度は、光源と硬化面の間の距離が大きくなるにつれて急速に減少します。

エネルギー密度は、線量または放射エネルギー密度とも呼ばれ、定義された期間(滞留または曝露)中に単位面積あたりの表面に到達するエネルギーです。平方センチメートルも単位面積であり、放射エネルギー密度は1平方センチメートルあたりのジュールまたはミリジュール(J /cm²またはmJ /cm²)の単位で表されます。エネルギー密度は、時間の経過に伴う放射照度の積分です。完全に硬化するには、十分な量のエネルギー密度が必要です。