Phoseonは関係者と緊密に協力して、病原体を減らし、ウイルスを不活化するためのUV LEDテクノロジーを適切に使用することで、新しいコロナウイルス(SARS-CoV-2)の発生に対応しています。 Phoseonは、個々の研究者や科学者とともに、Covid-19と戦う研究者や病院を支援するために消毒の専門知識とリソースを提供することに注力しています。誰かが新しいコロナウイルス(SARS-CoV-2)の研究またはテストに興味があるなら、Phoseonはウイルスの不活化と病原体の研究のために幅広いUVC LEDランプ(278nm)を提供しています。 詳細についてはお問い合わせください。

Phoseon UV LED製品は新規コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して効果的ですか?

はい、1つ小さな注意点があります。 UV LEDシステムを他のウイルスに対してテストしましたが、非常にうまく機能します。私たちのシステムは高速で効率的であることが証明されています。ただし、SARS-CoV-2で特にテストを実行したことはありません。率直に言って、それはニュースではなく、数か月以上前の懸念でもありませんでした。テスト目的でラボに入るのは、他のことに焦点を合わせているため、最近は困難です。私たちが知っていることは、SARS-CoV-2に関して科学的および構造的に、ウイルスを殺すためのランプの有効性に非常に高い信頼を置いています。投与量と全体的な有効性を決定する際にテストを行う必要があります。  生体分子および微生物を不活性化するためのUV発光ダイオードの有効性

どのUVLEDシステムをすぐに使用できますか?

The KeyPro™ファミリーのUVLED製品 for disinfection is available today. Our free space lamps, the KeyPro Explorer, and the KP200 and KP300 lamps are also available and ready to use.  However, these lamps require protective measures or shielding and some require and are intended to be installed in supporting machinery.

ランプを使用するために必要な注意事項はありますか?

はい。光を直接見たり、皮膚に直接さらしたりする可能性を排除するために、シールドが必要です。公式:警告この製品から放出されるリスクグループ3紫外線シールドされていない製品に目や皮膚をさらさないでください。

UV業界団体は、コロナウイルスを消毒するために人体に紫外線を使用することを推奨していません。 もっと詳しく知る

220nmのLEDはありますか?

いいえ。波長が250nm未満のLEDはまだ非常に初期の研究段階にあり、ナノワット範囲の電力を備えています。現在の技術では、商業的に実行可能な最低波長は254nmです。いくつかの低波長LEDチップが製造されているため、商業的に実行可能であると言いますが、これらはどこでも生産されておらず、システムで使用するのに十分な効率がありません。

どの220nmソースがありますか?

私たちは KeyView SmartEngineレーザー220nmソース。このデバイスは、分析アプリケーションでの使用を目的としています。この波長範囲の他の分析ソースと比較すると、非常に高いパワーを持っていますが、消毒に役立つほどのパワーはありません。レーザーのビームを効果的に広げるシステムを設計するのは難しいことは言うまでもありません。

Phoseonはxxxnm波長のLEDを販売できますか?

Phoseonはシステムプロバイダーです。生のLEDチップを購入し、使用可能なシステムにパッケージ化します。生のLEDは販売していません。また、単純なボードまたはTO缶に取り付けられたLEDのみを販売していません(TOは「トランジスタアウトライン」の略で、半導体業界団体JEDECの標準図面を指します)。その理由は、LEDの利用が単純ではないためです。はい、電気を接続して光を出すことはできますが、エネルギーフローの制御、熱負荷の処理、最適化された間隔、出力の調整は非常に複雑なエンジニアリングタスクであり、正しく実行しないと、出力が低くなり、寿命が短くなり、全体的なパフォーマンスが低下する可能性があります。 。 Phoseonの専門知識は、LEDシステムのエンジニアリング設計にあります。 LEDシステムに関する約300の特許を保有しており、最高のパフォーマンスと最長の寿命を備えたシステムを構築できます。お客様のニーズに合わせたシステム構築についてご相談させていただきます。単に私達に連絡し、あなたがやろうとしていることを教えてください。

各LEDは単一の波長のみを放射しますか?

各LEDにはピーク波長が関連付けられています。これが強度が最も高い場所です。どちらの側でも、曲線に続くガウス分布のように、強度はかなり急速に低下します。これは波長ごとに異なりますが、多くのLEDでは、半値全幅(FWHM –半値全幅はピーク幅を表す一般的な用語です)が10 nmに近い場合がありますが、最高強度はピーク波長を中心にしています。 LEDは通常、ピーク波長とのみ呼ばれますが、実際には発光が広くなっています。

消毒に使用するのに最適な波長は何ですか?

The peak wavelength for disinfection is actually 265nm.  For many decades mercury lamp systems have been available for disinfection utilizing one of the emission peaks of mercury, 254nm.  This wavelength is close enough to the absorption peak to be effective.  Our systems utilize 275nm LEDs.  Similar to mercury lamps, our wavelength is also off the peak absorption, but we can build very high power systems at this wavelength that makes them perform better than similar mercury lamp systems.  With either the 254nm or the 275nm wavelengths precautions need to be taken to avoid skin and eye contact…think really bad sunburn. There have been studies surrounding 220nm wavelength.  It can be used to disinfect, but it has the added benefit that it is safe for the skin and eyes.  Unfortunately, as mentioned in the previous question, 220nm LEDs are simply not available.  Our recommendation would be to use one of our 275nm high power systems and take the necessary precautions to avoid contact with the light.

Phoseonから利用可能な波長とアプリケーション

あなたのシステムで部屋を扱うことはできますか?

The short answer, yes, but not very well.  There are 2 important factors when designing UVC disinfection systems.  First is dosage.  Without getting too technical, you can think of dosage as light power over time.  Roughly speaking if you have a lamp with twice the output power you need half the time to treat a surface, and vice versa.  Every microorganism has a specific dosage and intensity threshold needed to disinfect.  It’s different for every one!  The challenge created with distance is that the available power of the incident light reduces by the square of the distance away from the lamp, or in other words, you lose more power the further you move away from the source.  So much so that travelling more than a few feet brings the power to a level that it is really unusable.  The second challenge is shadows.  As you can imagine, the light only works on surface that the light touches…makes sense.  So if there are items that cast shadows, then the areas in shadows are not treated at all.  Our recommendation is always to have the treated surface as close to the lamp as possible and if possible scan the lamp over the surface to avoid shadowing as much as possible.

殺菌できますか?

「滅菌」は、消毒の科学について話すときに厳密な定義があります。 「この」クリーナー調合を宣伝するさまざまなコマーシャルが、すべての細菌の99%、またはすべての細菌の99.9%などを殺すのを見てきました。マーケターがこれらの数字を使用するのには理由があります。彼らはログ削減率を参照しています。上記の例では、99%の削減は2対数の削減です。 99.9%は3ログ削減です。理解するのは難しいことではありません。9の数は、化学薬品、熱、またはUVCライトなど、消毒に使用しているものすべての対数削減率を示します。滅菌に戻ります。滅菌の基本的な定義は、log 6の削減、つまり生物の99.9999%の削減に達することです(これよりも複雑ですが、答えを簡単にするためにそのままにしておきます)。言うまでもなく、それは高い評価です。さらに、この数値はテストしている生物に固有であるため、同じランプで1つの生物で5 logの減少に達する可能性がありますが、同じ投与量で別の生物では2logしか減少しない可能性があります。結論として、科学的定義に非常に縛られているため、この事実を具体的にテストして証明しない限り、滅菌という用語の使用は避けます。ただし、現実の世界では、人々は滅菌、消毒、不活性化、殺菌という用語を同じ意味で使用しています。私たちのシステムは消毒しますか?絶対に。

除染、消毒、滅菌の違いは何ですか?

「空欄を埋める」を扱いたいのですが、システムは動作しますか?

Yes it will!  Refer to the question about room treating above.  Keep in mind a few things.  First is dosage.  Again, you can think of dosage as light power over time.  Every microorganism has a specific dosage and intensity threshold needed to disinfect.  Second is shadowing.  Only those surfaces in contact with the light are treated.  Our recommendation is always to have the treated surface as close to the lamp as possible and if possible scan the lamp over the surface to avoid shadowing as much as possible.  Another consideration is material compatibility. While UVC light is compatible with metals, glass and ceramic, and most polymers, there are some plastics that are damaged by it. You can contact us about compatibility or we can run some basic material compatibility testing if you send us a sample of your target material.

ウイルスやバクテリアに対するUVLEDの有効性についてどのような研究をしましたか?

生体分子および微生物を不活性化するためのUV発光ダイオードの有効性

このホワイトペーパーは、UVLED技術が生体分子や微生物を不活化するための研究所や製造施設による真剣な検討に値する理由を説明しています。さまざまなレベルの不活化に関連するPhoseonの調査結果について説明します。