UVLEDとソリッドステート波長

210nmから800nmまでのオプションの全スペクトル

LED波長に関する詳細情報をリクエストする

UVLEDとソリッドステート波長

210nmから800nmまでのオプションの全スペクトル

クロマトグラフィーおよび分析機器用のフォセオン吸光度検出器は、210 nm〜800nmのほぼすべての対象LED波長をカバーします。これらのLEDの強度は、サンプルサイトの従来の重水素ランプやタングステンランプよりも何倍も高くなっています。さらに、新しいテクノロジーにより、UV-C波長範囲の深い光源を使用可能な電力レベルで実現しています。タンパク質および元素分析は、215nmまたは220nmの波長で可能です。フォセオンの KeyView SmartEngineレーザー220nmソース。分析アプリケーションでの使用に最適です。この波長範囲の他の分析ソースと比較すると、非常に高いパワーを提供しますが、消毒に使用するには十分なパワーがありません。  LEDの波長をマッピングします

UV LED光源によって生成される放射照度(W /cm²)は、ダイオードとランプ技術の両方の進歩により、毎年一貫して増加しています。今日、UV LEDは、従来のUVランプ技術よりも高い実効出力で利用できます。 UV LEDランプシステムは、幅広いアプリケーションを征服するのに十分な電力を生成します。

LEDは、電流が順方向にバイアスされた方向にLEDを通過すると、光の形でエネルギーを放出するソリッドステートデバイス(ダイオード)です。放出される光の波長は、ダイオードが作られる材料に依存し、各材料は、ほぼ単色である非常に狭い波長帯で光を放出します。

一般にUV-A、UV-B、およびUV-Cに細分される紫外線の全スペクトル。電磁エネルギーの基本的な記述子である波長は、伝搬波の対応するポイント間の距離です。典型的なUV光源の発光波長は、紫外線(UV-C 100-280nm、UV-B:280-315nm、UV-A 315-400nm)から可視光(400-700nm)および赤外線(700-3000nm)の範囲です。  LED波長に関する詳細情報をリクエストする

Phoseonは、関連する波長全体でLEDと固体エネルギーを最大化することにより、次のような幅広いアプリケーションにソリューションを提供します。 クロマトグラフィー、   除染消毒、および イメージング。以下の利用可能な波長とアプリケーションのリストを参照してください。

利用可能な波長とアプリケーション


利用可能なUV波長とアプリケーション

従来の重水素およびタングステンランプと比較したUVLEDおよびソリッドステート

相対パワースペクトルUVLED

パワースペクトル

LEDの強度は、従来の重水素ランプやタングステンランプよりも何倍も高くなっています。

クリックしてフルサイズのグラフを表示

パワースペクトル200-240nm

タンパク質および元素分析は、レーザーベースの光源を介して215nmまたは220nmで可能です。

クリックしてフルサイズのグラフを表示