UV安定性

ソリッドステートライトエンジンによる安定性の向上

詳細情報をリクエストする

UV安定性

ソリッドステートライトエンジンによる安定性の向上


Phoseonの特許技術は、ソリッドステートライトエンジンで改善されたUV安定性を提供します。光学検出器を使用してタンパク質濃度を分析する場合でも、創薬のためにRNAをシーケンスする場合でも、ライフサイエンス研究では反復可能なプロセスが非常に重要です。ソリッドステートライトエンジンは本質的に安定しており、長年の使用で再現性があります。従来のアークランプは本質的に不安定であり、キャリブレーションと電球の交換を繰り返す必要があります。これらのランプは、毎日一貫した光を必要とするプロセスにはあまり適していません。

Phoseonの特許取得済みの独自設計により、各アレイの出力は、一貫した安定した出力を提供するように調整および制御されています。これは3つのフェーズで発生します。最初に、ダイオードが一貫した出力を維持するように、入力電流を注意深く監視し、時間をかけて調整します。次に、最初の起動時に各アレイへの電流を制御することで、公称動作出力のオーバーシュートがないことを保証します。最後に、ユニットは広い周囲動作温度範囲にわたって一貫しているため、さまざまな環境条件で同じエネルギーが生成されます。 UV安定性の詳細

LED、重水素、タングステンの比較


LED、重水素、タングステンの比較

i LED、重水素、およびタングステンランプの安定性を比較するHPLC水中での1時間にわたる静的ドリフト。

タングステンランプとLEDドリフト


タングステンランプとLEDドリフト

iiより低い吸光度値に焦点を合わせて、タングステンランプとLEDドリフトを強調します。