分取液体クロマトグラフィー

UVLED検出システム

詳細情報をリクエストする

分取液体クロマトグラフィー

UVLED検出システム

分取(Prep)クロマトグラフィーは、分析ではなく、さらに使用するために十分な量の物質を精製します。フラッシュクロマトグラフィーは、低圧ではるかに高い流量の準備クロマトグラフィーの一種です。フォセオンの KeyViewTM UV検出器 分取クロマトグラフィーとフラッシュクロマトグラフィーの両方のアプリケーションにうまく統合できます。

分取クロマトグラフィーの場合、ユーザーの目標は、絶対吸収率の高い分析対象物の濃度を測定することです。ソリッドステートテクノロジーを使用して、液体クロマトグラフィー用のKeyView検出器は、光強度を増加させて、より広いダイナミックレンジの高濃度分析物を捕捉する機能を備えています。 Phoseonの検出器は、関連する波長のみのマルチチャネルモニタリングにより、ユーザーがタンパク質や生体分子の画分を一貫して定量化および分離できるようにします。 KeyViewのドリフトがほぼゼロであるため、ユーザーは再現性の高い結果を得ることができます。

ピーク直線性吸収スペクトル


濃縮イカ墨を使用した最大直線性範囲の吸光度ピークスペクトル。 220 nm、255 nm、265 nm、275 nm、285 nm、および307 nm