蛍光顕微鏡法

生細胞および固定細胞イメージング

高度なイメージングシステムの詳細

蛍光顕微鏡法

生細胞および固定細胞イメージング

蛍光顕微鏡法では、蛍光色素やタンパク質を励起する特定の波長の強力な光源が必要です。従来の方法では、通常、水銀またはキセノンアークランプからの白色光を利用します。これらの従来の方法では、投影された光のごく一部だけが特定のアプリケーションで役立ちます。 Phoseonは、広視野蛍光顕微鏡用のLED光源を設計しています。 LEDは特定のターゲット波長を使用し、白色光アークランプからの不要な波長を抑制する必要性がはるかに少なくなります。 

KeyLight™照明システム Phoseonは、OEMに、実験器具、自動顕微鏡器具、医療機器照明、およびハイコンテントスクリーニングアプリケーション向けの信頼性の高い高性能イメージングを提供しています。 KeyLightは、340nmから760nmまでのさまざまな色に対して、強力で広域スペクトルのUVおよび可視波長を提供します。これらのコンパクトな光源は、アプリケーションの要件に応じて柔軟性を高めるために、カスタマイズ可能な波長とUV強度を備えた3、4、5、6、または7チャネルシステムをサポートします。製品のフォームファクタと制御オプションは、各タイプのOEM機器をサポートするように特別に設計されています。 

KeyLightTM OEM光源(4チャンネル)

KeyLight™OEM光源(5チャンネル)
KeyLight™OEM光源(7チャンネル)

KeyLightの利点:

•統合を容易にするスモールフォームファクタ
•高性能イメージング
•コストとエネルギーの節約
•コンパクトなアーキテクチャは、さまざまな光ファイバーサイズをサポートします
•さまざまな開口数の要件に合わせて最適化
•水銀フリー操作による低メンテナンス