FIBER_CURE-FJ200s

概要

フォセオンの UVLED繊維硬化システム Phoseon社のUV LEDシステムは、光ファイバー、電気・構造用ワイヤー、スマートファブリック用糸など、ファイバーやワイヤーの硬化に多くの利点をもたらします。Phoseonは、UV LEDシステム一式を提供しており、従来のUVやアーク灯による硬化に比べて、ファイバーやワイヤーの全直径において、より速く、より安定した結果を得ることができ、オペレーションコストの削減、歩留まりの向上、最大70%の省エネなど、多くの利点と利益をもたらします。

UV LED硬化は、微調整された光源と独自の光学系を使用して、より優れたプロセス制御を可能にし、優れた、より一貫性のある製品全体をもたらします。日常の電化製品に使用される銅線の絶縁から、快適さのために衣類材料に使用される被覆糸に至るまで、被覆繊維とワイヤーの需要が高いため、UV LEDテクノロジーにより、廃棄物を減らして硬化プロセスをより速く、より効率的に行うことができます。

ファイバーキュア・ウォークスルーを見る

Gen-5_Fiber-Cure

光ファイバー

Phoseon Technology's ファイバーキュアリングシステム ガラスファイバーを保護するコーティングを硬化させる高輝度UV LED光源と、ファイバーの外周にUVエネルギーを照射するファイバー・リフレクター・ユニット(FRU)から構成されています。UV LED光源とFRUはIP52の筐体に収められており、液体の流出からシステムを保護します。LED技術は、エネルギー消費を大幅に削減し、ワークの表面温度を大幅に低下させます。プロセスモニタリングが必要なアプリケーションのために、FRUは放射照度モニタリングシステム用の取り付け機能を含んでいます。


光ファイバー

電気および構造ワイヤー

UV LED硬化液は、金属線のコーティングの硬化に急速に採用されています。これらのコーティングには、マグネットワイヤの電気絶縁材料と構造ワイヤの腐食防止が含まれます。低い運用コスト、長い寿命、および低いメンテナンスは、UVLEDが他の硬化方法よりも選択されている理由のほんの一部です。電気および構造ワイヤーのUVLED硬化は、より優れたプロセス制御を可能にする微調整された光源を使用し、優れた、より一貫性のある製品全体をもたらします。このプロセス制御により、製造業者の歩留まりが向上し、スクラップが減少します。さらに、UV硬化性コーティング材料に切り替えると、溶剤ベースのコーティングに含まれるVOCが排除されます。


Smart_Fabric

スマートファブリック

スマートテキスタイルまたは電子テキスタイルとも呼ばれるスマートファブリックは、衣類の新しい機能を可能にする特殊な素材が埋め込まれたファブリックです。スマートファブリックは、デジタルコンポーネントと電子機器が埋め込まれているだけでなく、環境や着用者の体に反応する素材を使用して開発されています。これらのファブリックは、心拍数、体温、呼吸数などの医療、健康、スポーツのモニタリングなど、さまざまなアプリケーションを対象としています。また、場所や環境変数が重要な軍事および産業用途でも使用できます。

スマートファブリックアプリケーション用に開発されている多くの材料は、UV硬化性です。また、UV LED硬化は、従来のアークランプやマイクロ波ランプよりも発熱が少ないため、製造業者は、熱によって損傷する可能性のある特殊な化学物質で細い糸をコーティングすることができます。