実験室の除染と不活化

高輝度UVLEDを使用した汚染物質の完全な不活化

詳細情報をリクエストする

実験室の除染と不活化

高輝度UVLEDを使用した汚染物質の完全な不活化

高輝度UVLEDテクノロジーは、除染と不活化のための研究室に新しい機会をもたらします。微生物と生体物質の両方が、適切な量の紫外線で不活化します。フォセオンの KeyPro™KP100高放射照度紫外線LEDシステム ウイルスを迅速かつ確実に不活化する必要がある微生物学ラボ、または忠実度の高いRNAライブラリの準備、シーケンス、およびPCRのために除染が必要なラボに最適です。 KeyPro™製品ビデオ 

Phoseonの特許取得済み Semiconductor LightMatrix(SLM)™テクノロジー KeyProシステムがラボの生産性を向上できるようにします。実験室の汚染物質の完全な不活化は、KeyProシステムによって5分未満で、従来の方法の数分の1のコストで達成できます。 

忠実度の高いライブラリの準備

微生物学研究室のウイルス不活化

KeyProを使用すると、研究者はマイクロプレートを除染し、ウイルスを不活化し、細菌やウイルスから実験器具の表面を消毒することができます。予備データは、高強度の紫外線を調整して、認識機能を損なうことなくウイルスを部分的または完全に不活化できることを示しています。認識機能を維持することは、ウイルスを不活化する既存の方法では困難です。

詳細情報をリクエストする
次世代シーケンシング除染

シーケンシングラボのラボ除染

KeyProはRNase、特にRNase Aを不活性化しますが、長期間の熱処理や過酷な化学物質がないと、不可逆的に不活性化することは困難です。このような方法は、一般的な実験材料と互換性がないか、その後の生化学反応を複雑にする可能性があります。水銀アークランプ光源によるRNaseAの高速で完全な不可逆的な不活性化は、ターゲット波長での低出力と、不活性化に寄与しない有害な波長をフィルタリングする必要があるため、達成が困難でした。

詳細情報をリクエストする